青髭はモテない?

以下は男の青髭に対する女性の印象についてのアンケートになります。

 

引用:

 

……青髭に悩んでいる人にとっては な結果となっています。

 

もちろん、このアンケート結果が全てではありませんが、一部女性(統計)の中ではこういった結果が出ています。少々酷なアンケート結果ですが、現実は受け入れなければいけません。

 

ただ、青髭だからモテない、青髭だから恋愛は諦めると言うように飛躍してしまうのは待ってください。

 

青髭は綺麗になくすことができます。

 

実際に青髭に悩んでる人は結構いる

男性であれば少なからずあの髭剃り後の青々とした髭が気になったことがある人は多いはずです。

 

濃い薄いで言えば濃い人に見られやすい傾向はありますが、髭剃り後というのは皮膚の肌色と相まって本来黒い髭が肌色を透過することで青く見えやすくなります。(これが青髭の原因でもあります)

 

このように髭の生えている方(特に濃い方)であれば誰にでも見られるのが青髭であり、青髭は男性であれば度合いは違えど一度や二度悩んだことがある症状です。(症状というと大げさですが)

 

特に異性の目が気になり出す思春期を過ぎた頃から気になり出したり、高校生・大学生、社会人など人の目に触れる機会が多くなるごとに悩みは深刻さを増していきます。

 

実際に青々とした髭を隠すために似合わない髭を生やしている人もいるものです。

 

青髭の原因について

「青髭に悩んでいる人は結構いる」の部分でも軽く触れていますが、青髭の原因は剃毛(髭剃り)により短くなった毛(皮下に残っている毛)が皮膚の肌色を透過して見ることで肌色と黒色が相まって青黒くみえるのが原因です。

 

特に髭が濃い人と肌の白い人に目立ちやすい現象で、濃くて白い人は青髭が目立ちやすくなります。

 

髭や肌と言った身体的特徴が関係しているため、放っておいても自然に改善されることはなく、気になり出すと深刻な悩みに繋がる場合もあります。

 

特に自分の印象と言うのは人から見るよりも何割増しで良くも悪くも見えるので気になってしまうものです。

 

なくす方法はある

青髭の悩みを解消する方法としては主に二つあります。

 

  1. 隠す
  2. 抜く

 

隠す

青く見えてしまっている部分をファンデーションなどを使い、物理的に隠してしまうことで髭を隠してしまいます。

 

男性でファンデーションと言うと抵抗のある方もいると思いますが、男性用のスキンケアも販売されていますのでそういったものを使ったり、女性用を青髭対策、青髭の隠しとして使用するのも良いでしょう。

 

根本的な悩みの解消には繋がりませんし、出かける時に毎日隠さなければいけないといった手間はかかりますが手っ取り早く青髭を隠すことができるようになります。

 

ファンデーションを使っていると思いますが、朝に髭を剃り、ファンデーションで髭を隠す……やっていることは女性の朝の化粧に近いかもしれません。私はこの後紹介する「2」を推奨しますが、女性は毎日大変ですね……。

 

抜く

抜くと言っても自分で毛抜きなどを使って抜くわけではなく、病院で行う医療脱毛のことです。

 

最悪自分で抜くのもありはありですが、抜く途中で髭が切れて埋没したり、抜いた後に生えてくる髭が埋没したり、埋没毛の可能性が出てきてより青髭が目立つことにもなりかねないので自身での毛抜きはおすすめしません。

 

また、自分で行う毛抜きはあくまでも一時的なものであり、何日かすればすぐに伸びてきます。ここで言う医療脱毛とは髭の永久脱毛を指します。

 

医療脱毛は髭の毛根組織を破壊することで生涯髭を生えてこなくする方法です。ニードル脱毛・レーザー脱毛・光脱毛など色々な髭脱毛方法がありますが、医療という点で言えば、ニードルとレーザーに限ります。

 

ニードルは本当の意味での永久脱毛ですが、レーザー脱毛は100%の効果ではありません。基本的には髭が生えてこなくなりますが、ところどころ生えてくる髭もあり、ゼロにはなりにくい方法です。

 

といっても髭は薄くなり、髭剃りも1週間に一回で良くなるなど効果は高いです。

 

今後髭を生やしたくなったときに生やせなくなるリスクはあるものの青髭に悩むことはなくなります。

 

費用はかかるけど髭剃りの時間的・経済的・精神的ストレスもなくなる

当サイトでおすすめする方法は2の「医療脱毛」です。
上でも触れていますが、医療脱毛は永久脱毛であり、髭の悩み、特に青髭の悩みの根本である髭をなくすことができる方法です。

 

しかし、髭の永久脱毛を行えば当然、今後髭を自由に生やすことが難しくもなります。

 

こういった髭脱毛(髭の永久脱毛)のメリットとデメリットをしっかりと把握した上で医療脱毛は受ける必要があります。

 

髭脱毛は青髭の悩みはもちろん、髭剃りにかかる時間や髭剃りにかかる費用(シェーバーやシェービングフォーム代など)といった精神的な悩み、時間的な悩み、経済的な悩みを解消することができる方法です。

 

デメリットも含め、メリットの方が上回るのが髭脱毛ですが、あなたにとってどちらが大切かを考えて一つの選択肢としてみると良いでしょう。

 

まずはクリニックのページを読んで考えてみてください

「髭が生やせなくなる」というと躊躇してしまう人も多いと思いますが、ここで嘘を付いてしまうのは別の悩みを生み出してしまうのでそんなことはできません。これが髭脱毛の本当のところなのでよく認識しておいてください。

 

ただ、クリニックによっては全脱毛(ツルツルスベスベレベルの脱毛)とデザイン脱毛(部分的に残したり、薄くするだけの脱毛)などコースを設定しているところもあります。

 

髭がまったくいらない人は全脱毛を選んだり、将来髭で遊びたい・おしゃれをしたいと考えている人はデザイン脱毛を選んでみるのも良いでしょう。
※全脱毛やデザイン脱毛はただの名称なのでクリニックによって呼び方や名称に違いがあります

 

まずは1人で悩むのではなくクリニックや病院、エステサロンなどで専門家に相談がてらアドバイスをもらうことをおすすめします。

 

カウンセリングは無料

カウンセリングは有料・無料のところなど様々ですが、今では多くのクリニックがカウンセリングまでは無料で行っていますので利用してみて下さい。
⇒髭脱毛のカウンセリングを行っているクリニック一覧

 

カウンセリングのみの訪問やカウンセリング直後の施術ほか、体験やテスト照射を行ってくれるところもあります。

 

カウンセリングを受けたから絶対にそこで施術を受ける必要はありません。むしろあまりに勧誘がキツイところでは受ける必要はありません。

 

カウンセリングと施術は別と切り離して考えておくと良いでしょう。

 

ただし、いくつもカウンセリングに出向くのも手間だと思うので複数行く場合でもある程度気になっているところから訪問してみるのが良いと思います。

 

恥ずかしいかもしれないけど恥ずかしいことではない

クリニックやエステサロンなどの無料ないし有料のカウンセリングに行ってみることをおすすめしますが、初めてクリニックに足を運ぶのはなかなか勇気が出ずに踏ん切りがつかない人も多いと思います。

 

だって恥ずかしいですよね。

 

特に青髭で悩んでいることを人に相談するのって恥ずかしいものです。青髭というかコンプレックスを相談することは誰だって恥ずかしいです。

 

ただ、こういったクリニックやエステサロンはそういった悩みを持つ方の悩みを解消するのが仕事です。あなたと同じ悩みを持った方がカウンセリングを受けたり、施術を受けています。

 

どうしても「自分だけの悩み」と思いこんでしまうものですが、同じ悩みを持つ、ある意味での仲間は多いです。恥ずかしさもあると思いますが、クリニック内に入ってしまえばそんなこと忘れて悩みを相談でき、脱毛の高い効果を知ることができます。

 

恥ずかしく思うことは普通のことなので強がる必要もありません。まずはカウンセリングや体験コースなどを利用してみて下さい。