青髭の原因と対策

青髭は年齢よりも老けて見えたり、汚く見えたり、清潔感を損なう原因になることがあります。

 

この青髭を引き起こす最たる原因としては髭の濃さ、および、肌の白さが挙げられます。基本的に青髭は体質によって引き起こる現象です。

 

シェービングクリームをべったりと塗り付け、5枚刃のカミソリでごっそりを髭を剃ったとしても、生まれつき青髭体質の方の青髭が解消されることはありません。

 

髭剃りで取り除くことができるのはあくまでも皮膚の表面から浮き上がっている髭だけであり、皮膚の奥に根を張っている髭を取り除くことはできないためです。皮膚の奥に残った髭は皮膚の肌色を透すことで青く見えます。これが青髭が引き起こされるメカニズムになります。

 

青髭対策

青髭は皮膚の奥に残った髭が原因なので、ピンセットなどで一本一本髭を引き抜いてしまえば青髭を解消することができます。

 

しかし、青髭になる体質の方というのは髭が濃い人が多いので、その濃い髭を一本一本抜いていくというのは相当に根気のいる作業であり、強い痛みも伴います。また、悪戯(いたずら)に肌に刺激を与えることになるため、炎症をはじめとする肌トラブルの原因となります。そのため、髭を抜くのは止めておいた方がいいでしょう。

 

日焼けで目立たなくする

青髭の対策として手軽で効果的なのが日焼けをすることです。

 

肌が白いと髭の黒とのコントラストで青髭が目立ってしまうのですが、肌が黒いと髭の黒さと馴染むので目立たなくすることができます。

 

青髭が気になるという方は夏場は日が高い内にランニングやサイクリングなどに出かけて顔を黒く焼いてしまうといいでしょう。冬場であれば日焼けサロンやエステが利用できます。

 

近年では紫外線による肌トラブルの影響が取り沙汰されていますが、日光を浴びることは人間にとって自然なことであり、デメリットよりもメリットの方が大きいとも言われています。熱中症などを引き起こさないようさえ注意すれば特に問題はありません。もちろん焼きすぎは禁物ですが。

 

コンシーラーで隠す

青髭の対策として、専用のコンシーラーも販売されています。携帯用のスティックタイプで出先でも気軽に青髭を隠すことも可能です。その他、青髭の肌に自然に馴染むように開発されたファンデーションなどの男性用化粧品もあります。青髭に悩んでいる方はこうしたグッズの活用もオススメです。

 

脱毛

その他、資金に余裕があるという方や髭を完全に処理したいという方は脱毛クリニックや脱毛エステで髭脱毛を受けることをおすすめします。髭の永久脱毛をしてしまえば皮膚の奥に残っている毛も生えてこなくなるので、子供の頃のようなピンク色の肌を手に入れることができます。

 

脱毛後は必要な手入れも最小限になり、髭剃りの手間暇がなくなるだけでなく、髭剃りによる肌荒れもなくなり、綺麗な肌を手に入れることもできます。青髭に悩んでいる方はもちろん、髭の処理にわずらわしさを感じている方にもおすすめの青髭対策です。