男性の青ヒゲに対する印象は?

外見の印象というものはとても大切です。

 

外見よりも中身が大事とはよく言われますが、人間というものは感情によって考えを大きく左右されるものであり、外見が悪い相手に対しては中身も悪いものと考えがちな傾向にあります。外見を気にせず、中身だけを見て評価してくれるという人はほとんどいません。綺麗ごとを言いたくなりますが、残念ながらこれが現実です。

 

男性の外見の印象を悪くする要因として大きなものが「ハゲ、チビ、デブ」の3つですが、それにあと一つ付け加えるのであればヒゲが4つ目に入ります。

 

もっとも、ハゲとチビは遺伝によるところが大きいので、女性としても寛容になることが意外と多く、デブは女性にとっても深刻な悩みの一つであり、共感を得やすいです。しかし、ヒゲは努力で解決できるものであり、かつ、女性にとっては縁遠いものです。そのため、青ヒゲの男性は不潔でだらしないとして、著しく印象を損ねる原因となる場合があります。

 

青ヒゲもヒゲの濃さや肌の白さが関係しているので生まれついてのものだと言えますが女性にとってはそんなことは関係ありません。

 

女性は青ヒゲは丁寧に手入れをすれば解消できると考えているので、その手間を面倒臭がっているに過ぎないと判断されてしまうだけです。確かに、青ヒゲはコンシーラーやファンデーションを使用することで解消することができるので、その考えもある意味正しいと言えるかもしれません。

 

青ヒゲの似合う男を目指す?

青ヒゲのデメリットについて書き連ねましたが、青ヒゲだからといって必ずしも外見の印象が悪くなるというわけではありません。

 

外国の俳優などを眺めてみると、青ヒゲがむしろ格好よくお洒落に決まっている方も多いです。

 

しかし、日本人はヒゲが似合わない人が多いです。それは日本人の大多数が彫りの浅い顔立ちをしており、筋肉の少ない痩せた体付きをしているためです。しかし、これらはトレーニングをすればどちらも解決することができます。歌舞伎役者は目力が強く、彫りの深い顔立ちをしている方が多いですが、それは生まれつきではなくトレーニングによって培われたものです。体付きも筋力を鍛えることでガッシリとした筋骨隆々の肉体を手に入れることができます。

 

青ヒゲはあくまで外見の印象を決める要素の一つであり、それだけでネガティブなイメージを抱かれるというわけではありません。

 

善い方向に働くか悪い方向に働くかというのは全体的なバランス次第です。ヒゲ面が似合う逞しい顔付きと体付きを手に入れることができれば、青ヒゲもむしろアピールポイントとなることもあるかもしれません。

 

もしくはヒゲ脱毛

青ヒゲの悩みを解消するには上述した青ヒゲが似合う男性になるのか、または、青ヒゲの悩み自体を解消するかです。
これは当サイトでもおすすめしている方法ですが、青ヒゲの悩みはヒゲの永久脱毛で解決することも可能です。

 

青髭が恥ずかしい!青髭をなくしたい人におすすめのヒゲの永久脱毛

 

ヒゲを脱毛してしまえば青ヒゲは解消できるので似合う男になるという選択肢がない方は脱毛で悩みの解消に向けて動くこともおすすめです。