青髭とは?

青髭とは、口周りが薄らと青く見えるタイプの髭のことです。

 

青髭は髭を剃った後、皮膚の奥に残った髭が皮膚を透して青く見えることによって引き起こされます。髭が伸びてくると青さよりも黒さの方が目立ってくるので、青髭の状態は一応解消されます。しかし、髭を剃る度(短くなるたび)に再び青髭の状態に戻ることになります。日本では髭を剃るのがビジネスマナーであり、男性にとっては悩ましい問題です。

 

青髭の程度

青髭のメカニズムは上述した通りですが、男性全員が髭を剃ったら青髭になるというわけではありません。青髭になるのは、髭が濃い人、あるいは肌が白い人が多いです。髭が濃いと皮膚の奥に残る毛も多くなるので、その分だけ顔全体(髭全体)が青く見えやすくなります。肌が白いと皮膚の奥に残る毛の黒さが強調されるので、その分だけ顔全体が青くなります。髭の濃さと肌の白さ、この両方の性質を持っている方は特に青髭が酷く見えがちです。

 

青髭の対策

青髭は生まれついてのものであり、髭を剃っても皮膚の奥に残る髭までは取り除くことはできません。

 

根本的な解決をするためには髭を永久脱毛する必要があります。近年では脱毛クリニックや脱毛エステで脱毛を受ける男性も増えてきているので、青髭に悩んでいるという方は利用を検討してみるといいでしょう。また、近年では家庭で使用できる高性能な脱毛器も販売されているので、そちらもおすすめです。自宅に脱毛器があれば人目を忍んで脱毛クリニックや脱毛エステに通う必要もありません。(ただし家庭用脱毛機はクリニックやエステ、特にクリニックほどの高い効果は得られないのであらかじめその点は考慮しておく必要があります)

 

永久脱毛をするのは気が引ける、またはお金がないという方には男性用化粧品の使用をおすすめします。コンシーラーやファンデーションを使用することにより、青髭をかなり目立たなくさせることが可能です。

 

あまり気にしないことも大切

病は気からという言葉があるように、人間の見た目の印象には精神状態が大きく反映されます。青髭だからといってそのことにコンプレックスを抱いてしまい、人目を気にし過ぎてしまうとそれは余計に見た目の印象を損ねる原因になってしまうでしょう。コンプレックスというものは誰しもが多かれ少なかれ抱えているものなので、どのような付き合い方をしていくかが大切です。青髭であったとしてもそのことを気にせずに堂々とした態度を取り、身だしなみも清潔に整えてさえいれば青髭であってもそれほど悪い印象を相手に与えることはないでしょう。